You are here
引越し時に不要な大型家具を有効活用する方法

引越し時に不要な大型家具を有効活用する方法

使ってくれる知人に渡す

現在、家具の多くは組み立て式になりましたが、本格的な家具や高級家具は、分解できないものが少なくないですね。高級で重厚なものだから捨てたくはないけれど、新居のスペースの関係で持って行けないこともあります。そんなときは、引越しの機会に、使ってくれるという知人に渡しましょう。分解のできない大型家具ですから、こうした機会でもないと、移動させるのは困難です。双方とも、運ぶ手段を持っていないことも多いでしょう。


引越し会社の立ち寄りサービス

引越し会社では、荷物をトラックに搬入したあと、一部を途中で下ろしてくれるサービスをおこなっています。輸送経路上にあるなら、無料でやってもらえます。引越しトラックに利用者が乗り込むことはできませんから、知人に渡す家具に大きな印をつけておいて、知人には家の前まで出ているようにきちんと連絡を取り、準備万端にしておく必要があります。引越しのプロに運んでもらえるのですから安心です。処分したら高額な費用がかかりますが、無料で引き渡せます。


大型家具は需要が少ない

リサイクル会社も、大型家具は歓迎しません。需要が少ないため、引き取るとしても、かえって処分料を請求される可能性が高いでしょう。以前よりも大型ゴミの処分料金は高くなっています。購入するときは、処分のしやすさも考えることが必要になってきました。動かすのが難しい大型家具は、引越しの時でもないとどうにもできません。使うかどうか迷うときは、思い切って捨てたほうがいいかもしれません。出張料金がかからない分、引越し会社に処分を頼むと割安になります。



不用品の回収は、使わない家電や粗大ごみなどを回収と処分をしてくれるサービスです。自分では運べない重さや大きさも運んでくれるので、部屋を片付けたりクローゼットの中をスッキリ出来るなど、とても便利です。

Related posts