You are here
倉庫を有効に使うノウハウがあると大違い!

倉庫を有効に使うノウハウがあると大違い!

被災地への支援物資の扱い

倉庫って、物を保管することよりも、そこから荷物をいかに取り出すかが大事なんですね。特に被災地に寄せられた支援物資などを保管する倉庫については、そう言えるようです。倉庫会社でそうしたノウハウのある人が、その仕分けやら保管方法やらを担当したら、見違えるように物資が有効活用されたそうです。餅は餅屋にですね。一般の人は、それにノウハウがあるということさえ知らないでいますもの。緊急時には、システム化ってすごく大事なようです。


有効活用できなければ

使わないなら、保管していても仕方ありませんものね。でも、自宅の押入れだって、なにがどこにあるかわからないことが多いんですから。倉庫だったらなおさらでしょう。しかも自分が置いたわけじゃない。それをノウハウをもってしてシステム化し、必要に応じて即時、取り出せるようにできるなんて。それがあるとないとでは大違いでしょうね。その倉庫会社のOBは、いろいろな被災地にボランティアで出かけて活躍しているようです。得難い人材ですね。


普段から養成した方が

ボランティアでやってくれる人がいれば、それが一番なんでしょうが。ただ、倉庫管理ができる人材を、普段から自治体などで養成していたほうがいいような気もします。確実にいつでも一人はいるように。支援物資が山積みで、仕分けができずに使われないままになることも多いと報道されることがありますが、それってノウハウを使わないでいるからかもしれません。倉庫からはいつでも取り出せる状況にしておくことが第一、これだけでも事前にわかっていれば違ってきそうです。



3PLを利用することで、メーカーなどの荷主は本来必要ではない流通部門を切り離し、経営リソースを製造や営業活動などに多く振り分けることが出来るようになります。

Related posts