You are here
業務による利便性も考慮すべき!?仕事場と倉庫との距離関係

業務による利便性も考慮すべき!?仕事場と倉庫との距離関係

仕事場と倉庫を分けるべきか一体化すべきか?

例えば小売業の場合、販売を行うスペースと倉庫スペースを分けるべきか一体化すべきかかは結構悩ましい決断となりがちです。店舗スペースを十分確保しお客様に快適な店内環境の元商品を選んで頂くには、ゴミゴミとした倉庫スペースがちょっとでも視界に入るとマイナスイメージに繋がりかねません。一方倉庫出し・工場直送をアピールしたいアウトレットショップであれば、むしろ倉庫と販売スペースを一体化させた方が逆に割安感を演出出来、高い売上げに結び付くというケースもあるでしょう。自分の扱う商品ジャンルに対する一般目線のイメージを十分踏まえた上で、最適な判断を下さなければなりませんね。


十分作業スペースが取れる広い倉庫なら一体化がベスト

余程複雑な工程や特殊な機器を導入した作業でも無い限り専門の作業エリアを別途設ける必要も無く、十分に広い倉庫があれば、その中に仕事場を設けた方が作業効率は大きく上昇するでしょう。また同じ倉庫内でもある程度複雑な作業工程に対応出来る様、柔軟なレイアウト変更に対応可能な間取りとしたり、電源の数を十分に確保しておくといった設計段階からの工夫というのも極めて有効です。倉庫内で多くの工程をこなすサードパーティ事業がその典型例で、それらへの参入も視野に入れるのであれば、そうした倉庫設計上の配慮は絶対に必要でしょう。


インテリアの質を第一に考える店舗なら倉庫は別に

アパレルショップを始めとしたファッション関係の店舗、あるいはブランド品専門店等、店内の清潔さと美的センスが大変重視される販売店の場合、アウトレットといった特別な理由でも無い限り、乱雑で不潔なイメージを持たれ易い倉庫を全面に出しお客様の視線に晒すのは、前述の通り店舗の品位を下げ、危険としか言わざるを得ません。出来れば商品を保管する倉庫は店舗とは別に設けておき、必要に応じてそこから出庫してくるという方式を取った方が良いでしょう。



物流とは商品を生産者から消費者へ届ける一連の流れのことで、その商品の付加価値を高める特別な作業を流通加工といいます。具体的には梱包や組立、衣料のタグ付け・ハンガーかけなどを挙げることが可能です。

Related posts