You are here
意外と知らない?がんばる運転手の疲労対策

意外と知らない?がんばる運転手の疲労対策

座りっぱなしのその時に

行楽日和にドライブに出かけるも、途中で疲れて眠くなってしまうことってありますよね。車を運転しているとどうしても座りっぱなしになり、血行が悪くなってしまいます。脳への血流が減ると、頭がぼんやりしてきて眠くなる原因にもなります。そこで、座ったまま出来る対策として、脚を動かしてみましょう!その場でかるく足踏みなどをすることによって脚に溜まった血液を循環させ、眠気や疲れを予防することができるんです!運転に支障がない範囲でやってみましょう!


ドライブグッズを活用

調べてみると意外にたくさんあるドライブグッズ。ドライバー向けのグッズの中には、首や腰など運転中の姿勢を矯正してくれるものや、マッサージ機能がついたものもあることを知っていましたか?これらは、カー用品店や通販で市販されており、場合によってはリーズナブルなお値段で探すことも出来るでしょう。今や種類の豊富なドライブグッズの中から、うまく組み合わせて使うことで、効果的に疲労を軽減させてみてはいかがでしょうか。


疲れ目には目薬を常備

長く運転していると、目がかすんできたり、エアコンで車内が乾燥して目が乾いたり・・・。とにかく眼精疲労は運転につきもの。さらに、疲れ目は眠気を助長し、事故のリスクが高まってしまいます。そんなときに欲しいのが、なんといっても目薬です!点眼することで瞳を潤すだけでなく、栄養成分を補給し、目の疲れを予防する効果があるのです。運転手にとって目薬は常備すべきアイテムの一つではないでしょうか。いかがでしたか?知っていても意外と忘れている対策があったのではないでしょうか?出発するその前に、なるべく疲労を軽減する準備をして安全なドライブにしていきましょうね!



運転手の派遣業務では、未経験者や高齢者であっても教育体制が整備されているので安心して働くことができます。

Related posts